時空の杜からのお知らせ

【7月17日~2泊3日 プチ断食を終えて】

2021.7.21

こんにちは。スタッフまことです。
7月17日(金)~19日(日)で開催されました【プチ断食】は盛況のまま終えることが出来ました。
 
 
参加された皆様に心から感謝申し上げます。
 

初日。和気あいあいとした中でプチ断食は始まりました。

プチ断食の初日は朝から北陸新幹線が見合わせとなるなどのトラブルもありましたが、
無事全員到着し、プチ断食が始まりました。

断食、というと何も食べないイメージが強いですが、
時空の杜のプチ断食では「身体に必要なもの」を摂りいれながら断食しています。
ペットボトル1本分の特製酵素ドリンクを3日で飲み切るほか、
三年番茶や玄米スープに色々なものを混ぜて飲んでいます。

身体に良いものを摂りながらプチ断食をします。

今回の講師。総合監修の岡部先生とセルフチネイザンのYUKI先生(とお子さん)。どちらも笑顔の素敵な方です。

今回は土用のプチ断食ということで、
気候の変化で体調を崩しやすい時こそプチ断食!というテーマのもと講義が行われました。
今回は特別講師であるYUKI先生のセルフチネイザンを通じて、
自分への理解を深める機会にも恵まれました。
初日は導入編ということでセルフチネイザンの説明とお腹揉みを皆で行いました。

プチ断食中は1日のどこかで身体によい食べ物や飲み物を作って皆でいただきます。

初日は葛入りのお味噌汁を皆で作って食べました。お腹が膨れるわけではありませんが、
美味しくいただくことのありがたみを感じます。

2日目の朝。4時30分ごろに正面玄関をこっそり出て、うっすらとピンク色の北アルプスを眺めることが出来ました。

梅雨明けの景色。4時ごろは気温も涼しく素晴らしい空気です。

朝7時からは時空の杜オーナーのオクトによるエネルギーワーク&瞑想が始まります。

エネルギーワークの後はNPO法人やまぼうし自然学校の加々美さんによるガイドを受けながら自然散策を行いました。

2日目のYUKI先生の特別講義はオイルを使ったセルフチネイザンでした。

3日目も素晴らしい天気に恵まれました。

木漏れ日を感じるダイニング。

 

3日目も手作り梅醤を作って飲みました。

3日目。プチ断食で一番つらい(眠い)のは2日目で、3日目を迎えると不思議と頭がスッキリします。

岡部先生の最終講義。クライマックスに向かって段々ボルテージが上がっていきます。

カボチャと小豆を使った手当ての料理。3日目になってくると味覚が一段と敏感になります。

3日目の午後に回復食を食べ、解散しました。

玄関から見えた夕陽。

素敵なアンケートを沢山いただきました。
全て掲載許可を頂いています。

8月のリトリートは【ソースリトリート・リボーン】。
 
「自分を感じ、自分を愛する」という感覚を取り戻し、「魂の計画」を知り、大いなるものに任せるという生き方と在り方を体験するリトリートです。
申込URLはこちら↓