体験参加情報

サレンダー・瞑想キャンプ2022・第1回

  • 3月10日
  • 3月11日
  • 3月12日
  • 3月13日
(講師)刀根健/寺内隆/中澤王久東

自分の殻を解き放ち「自己」を生きる

 

「サレンダー・瞑想キャンプ」とは・・・

 

『エゴを手放す・執着を超える』
グループセッションや瞑想、エネルギーワークを充実させながらも、
ゆったりとした流れの中で「自分を縛り付けていた殻を解放し、自己を生きる」
気づきの体験をしていただくプログラムです。

チケットはこちらから↓
3泊4日チケット
2泊3日チケット

信州割スペシャルの対象が変更になりました。詳しくはこちら

本来、私たちは喜びに満ち、人生を楽しむために生まれてきました。
しかしながら、現代社会に生きる私たちはそのように生きているでしょうか。
他人の目を気にし、期待に応えようとし、また常識というものにとらわれ、
本来の自分の「生」を見失っているのではないでしょうか。

それでは、「自分自身を生きる」にはどうすればよいのでしょうか?

全国行脚しながら仏像を彫り続けた円空は、和歌を1,600首ほど残しています。
和歌とその解説に
「大いなるものに身をゆだねたから、自分の思うとおりに生きられる」
という一句があります。

エゴを超越し、自分を好きになり、自分を信じられる人生が存在するのです。
そこにはエゴを手放した自己がいるのです。恐怖も不安も不満もあるはずがありません。
これが「自己を生きる」です。

まさに時空を超えて、円空の一句は自分自身を気づき、見出すことにつながっています。
「自己を生きる」
本当の自分/すなわち「自己」への絶対的な信頼上に成り立っています。

これは「魂の喜ぶ自己を生きる」そのものではないでしょうか。

 

ソースリトリート「サレンダー・瞑想キャンプ」のプログラムでは・・・

①継続的に内観・内照することで自分への理解を深めます。
②自分のエゴの正体と癖、ネガティブな癖を知っていきます。
③大いなるものに身をゆだねるとはどのようなものか体験します。
④「身体を整えることと食を整えること」の大切さを学びます。
⑤身体と調和して生きる本来の人生へとシフトするきっかけに気づいていきます。

【講師プロフィール】

刀根健(とねたけし) OFFICE LILLA代表
自身の肺癌ステージ4からの生還記「僕は、死なない。」が約8か月間Amazonカテゴリ別ベストセラー1位を記録し、台湾での出版も決定。
癌からの生還で理解したこと「私は自我(エゴ)ではない」「サレンダーとは何か」など、自分自身が体験して理解したことを、分かりやすい言葉で積極的にシェアする活動をしている。著書に「僕は、死なない。」SBクリエイティブ、「ストローク・ライフのすすめ」フォーメンズ出版がある。

寺内隆(てらうちたかし) 
幼少時、道端で光り輝く塵を見て、「そこにすべて(宇宙)がある」に気づく。以来、真理と原理を追及している。
バーバラ・アン・ブレナンに学び、エネルギーワーク・施術を通して、障害となっているブロックを外し、望まれる生き方を明確にし、助言や気づきを導いている。がん治療他、難病などにも積極的に施術を行うが、「自分を生きる」ことに気づきを与え、思考と心の在り方のバランスをとることに向けて積極的に活動している。

加々美貴代(かがみきよ)
NPO法人やまぼうし自然学校代表理事。
森林インストラクター、NEALコーディネーター、CONEトレーナー、NPO法人自然体験活動推進協議会理事、長野県環境審議会委員 他。小動物や植物・樹木が発するメッセージを伝えるフィールドインタープリターとして活躍。子供たちと一緒に森林探検や野外活動など自然を愛するひと育成に注力。森の魅力を発信中。

中澤王久東(なかざわおくと)
大学教員時代に、時間・空間・自然と人間の関りによる空間創造を志す。自己を建築バカと称し渡米、建築デザイン・アーバンデザインを業とした。 目の難病をきっかけに気功、エネルギーワークを学ぶ。OSHOの日本人サニアシンに8年間余り師事し、瞑想の「空」(ただ在るのみ)に目覚める。
2015年時空の杜をオープンさせ、2019年からはソース リトリート(自己の根源に気づき生きる)時空の杜として、「自己を生きる」ための気づきに注力して、様々なプログラムを実施している

ソースリトリート概要はこちら

サレンダー・瞑想キャンプ概要はこちら

プラン一覧・ご予約